このコはどんな親から生まれて、どんな所で育ったのだろう? 天使のようなトイプードルの、子犬の成長と、母犬たちの生活を記録します。
プロフィール

アンジュママ

Author:アンジュママ
トイプードル レッド シルバーのブリーダー(東京)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めいちゃんは、新しいお家で10日間過ごしました。
以前より、アンジュママの顔を見てくれて、合図によく反応してくれるので、穏やかな環境で、よく面倒をみてもらっていたのだと感じました。
我が家はみんな、めいちゃんが戻って来て大喜びでしたが、めいちゃんはちょっと引いている感じ・・・
せっかく、人との新しい暮らしに慣れたのに、ワンコいっぱいの我が家にいたら、ガサツになってしまいそうなので、早く帰してあげようと思いました。


ところが、ブラッシングを始めたら、めいちゃんは突然狂ったように怒り出し、アンジュママの手をかじりました。
めいちゃんはブラッシングが嫌いでしたが、かじったことはなかったので、驚きました。
「めいちゃん、どうしたの?」と顔をのぞきこむと、ひどく興奮していて、声が聞こえていないようで、顔にも攻撃してきます。
この状態でやめると、嫌なことはかじれば終わると学習してしまいます。
とにかく落ち着かせて、ブラシを持った手でオヤツをあげ、食べている間にサッとブラッシング。
オヤツを食べ終わったら、怒り出す前に、「おしま~い!」と明るく言ってもう一度オヤツをあげ、その日は終了しました。


次の日のブラッシングは、以前の状態に戻っていて、プルプル怒っていましたが、興奮してかじったりはしませんでした。
めいちゃんはブラッシングが嫌いでも、怒りで我を忘れるほどではないと思います。
何か別のことに対する怒りが、ブラッシングの時に爆発したという感じでした。
アンジュママは責任を感じて、しばらくお預かりさせていただくことにしました。


兄弟がいると、目も見えないうちから、お乳を奪い合ったり、寝ている時に上に乗っかられたりするので、自然にストレスがかかります。
めいちゃんは兄弟がいないし、誰にも食事や就寝の邪魔をされることもなく育ちました。
それは決して悪いことではなく、めいちゃんはとてもおおらかに育ったと思います。
でも、押さえられてブラシをかけられることは、生まれて初めて感じたストレスだったのかもしれません。
我が家のワンコたちは、ブラッシングが大好きで、ママがブラシを持つと、周りに集まって来て順番待ちをしています。
ブラッシングは気持ちが良くて、人と触れ合う楽しい時間だと分かるまで、根気よく続けるしかないと思いました。


子犬は、生後2ヶ月くらいから動きが激しくなり、あらゆる物をかじるようになります。
乳歯は小さくても尖っているので、噛まれるとけっこう痛いです。
お預かりしてすぐ、ずっと優しかった母犬のリリィが、めいちゃんにかじられてウッと唸りました。
めいちゃんはすぐにかじるのをやめて、「ごめんなさい!」とリリィの口元をペロペロ舐めました。
そしてまた遊んでいました。
 

お姉さんワンコたちとも、飛びかかったり毛を引っ張ったりして激しく遊ぶようになりました。
お姉さんたちはめいちゃんに合わせて、噛まれたら同じくらいの強さで噛むので、めいちゃんは時々キャンと鳴きます。
もちろん、お姉さんたちは怒っているわけではなく、怪我をしないように加減をしているので、めいちゃんは遊んでほしくて、また寄って行きます。
人が教えるのは難しいことですが、噛まれたら痛い、だから強く噛んではいけないと、遊びながら学んでいます。
こういう経験をさせてから、迎えていただくべきでした。


めいちゃんは人にも犬にも好かれる、良いコだと思っています。
ブリーダーが「大丈夫ですよ。」と言ったら、新しいご家族は信用してしまいます。
アンジュママの判断ミスで、めいちゃんの一生を台無しにしてしまうところでした。
ご家族の皆様にも、大変ご迷惑をおかけしました。
ご理解いただき、もう一度預からせていただけたことに感謝しております。
アンジュママは信用出来なくても、リリィは良い母親だし、我が家のワンコたちはとても優秀な助手です。
もうしばらくお預かりさせていただきます。
ちょっとガサツになってしまうかもしれませんが・・・
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。